和太鼓と小野妹子
2007 / 11 / 25 ( Sun )
久しぶりのブログ更新となりました

このところ、お仕事が忙しくブログの更新どころかパソコンもなかなか開けませんでした。


23日(勤労感謝の日)は久しぶりのお休み 


午前中、孫の民夫くんが通う保育園の『音楽会』がありました。

毎年、ビデオ撮影の大役を言い渡されている私。

撮影の場所取りに早朝より会場入口に並びました。

一番乗りの甲斐もあって絶好の撮影ポイントを確保し、みんなに褒めてもらって

嬉しい単純な私

民夫くんも年長組なので今年が最後の音楽会!!

3才の時からなので、もう4回目

3才の時は、民夫くんだけ違う方向を向いて合唱していたなぁ。

年長組は代々『和太鼓演奏!』

さて、民夫くんの出番です。

緞帳が上がりました。

ドド〜ン、ドンドン、!!



 2段目右から3人目が 民夫くんです


カッコイイ〜〜!!


 ドド〜ン! ヤァーッ!!

いつもの民夫くんとは思えないくらいビシッと引き締った容姿に感激!

振り付けも、決めのポーズも一番よかったよ!!


 ドド〜ン!! エイッ!!


後は、お約束の号泣、嗚咽、入り混じっての撮影で手元が定まらず画面は大揺れ・・・

民夫くん大きくなったね、来年は小学一年生!!


 頼もしささえ感じるじゃないですか

おじいちゃんが勉強机プレゼントするからね




そんな訳で、午前中お留守番のはなちゃんとマグちゃんはちょっとストレス溜まり気味。

はなちゃん、、マグちゃん 今日は何処へお散歩行こうかな?

そうだ!久しぶりに『小野妹子の墓』に行こう!!

ということで、家から車で10分程の所にある『小野妹子の墓』へレッツゴー!!

余談ですが、中学生の時、小野妹子が女性ではなく男性だと習った時の微妙な驚き!!

誰もが経験したのでは?


春は花見の人がちらほらいますが、この時期はほとんど人と出会うことはありません。

《大阪府南河内郡太子町》

ここは飛鳥時代の歴史に名を連ねた、聖徳太子御廟、推古天皇陵、用明天皇陵、高徳天皇陵、

敏達天皇陵、小野妹子の墓などが点在しています。

私の以前の家は応神天皇陵(世界一の体積でピラミッドよりも大きい)の傍でした。

この辺りには、他にも歴史的にも貴重な史跡が沢山ありますので、

また、ボチボチとご紹介していきたいと思っています。

今回はその内の、小野妹子の墓と推古天皇陵に行ってきました。



駐車場横にある太子町付近史跡案内図



 この階段を上がったところに『小野妹子の墓』があります。



 マグちゃん:「ふ〜ん、大阪みどりの百選・小野妹子の墓かぁ」



 はなちゃん、マグちゃん:「大正時代に建てられた石碑なんだよ」



イチ、二ィ、イチ、二ィ、  マグちゃん:「ママ早くおいでよ〜」



 お約束のポーズ!!



 やっと着きました。左側がお墓です。まったく人の気配はありません。



 妹子の墓の正面です。


 爽やかな風の音と小鳥の囀りだけが聴こえてきます。



 左の方は大阪平野が一望できます。
 



 お墓の内側です。



 「小野妹子之墳」とあります。



 マグちゃん:「もみじの木がいっぱいなんだけど、まだ紅葉してないよ、もう少しだね」



お墓の北側はのどかな畑の風景です。


 さぁ、帰りましょう。

次は、


「小野妹子の墓」から車で3分位の山を下ったところにある

「推古天皇陵」です。

推古天皇は日本で初めての女帝となった天皇で

聖徳太子の叔母にあたり、小野妹子を隋に派遣し、天皇記・国記を編纂されました。

額田部【ぬかたべ】    554〜628(在位;592〜628)
 <豊御食炊屋姫尊>
父:欽明天皇
母:蘇我 堅塩媛(大臣 蘇我稲目の女)
(同母兄)用明天皇・(異母兄弟)敏達天皇・崇峻天皇
554(1才) この年、誕生
570(17才) 祖父・蘇我稲目没(3月)
571(18才) 父欽明天皇没、この年異母兄・敏達天皇(34才)の妃となるか?
572(19才) 敏達天皇即位(4月)
575(22才) 広姫皇后となる(4月)、皇后広姫没(11月)
576(23才) 皇后に冊立される(3月10日)(18才とあるが年齢が合わない)
585(32才) 敏達天皇(48才)没(8月)
....... 同母兄・用明天皇即位(9月)
... ....殯宮に穴穂部皇子が侵入、三輪逆に助けられる(5月)、三輪逆、殺害される
587(34才) 同母兄・用明天皇(48才)没(4月)
... ....蘇我馬子、炊屋姫尊を奉じ、穴穂部皇子らを討つ(6月)
... ....蘇我・物部の戦い(7月)、物部氏滅亡
... ....炊屋姫尊と群臣の進めにより、崇峻天皇即位(8月)
592(39才) 崇峻天皇暗殺される(11月)、豊浦宮において即位(12月8日)
593(40才) 甥・厩戸皇子(聖徳太子・20才)立太子、摂政となる
603(50才) 小墾田宮に移る(10月)、冠位十二階を制定(12月)
604(51才) 聖徳太子、憲法十七条を作成(4月)
607(54才) 小野妹子を隋に派遣する(7月)
608(55才) 小野妹子、返礼使裴世清を伴い帰国(4月)
... ....小野妹子を再び派遣、学生・僧を同行(9月)
612(59才) 母・堅塩媛を欽明天皇の檜隈陵に改葬する
614(61才) 犬上御田鍬らを隋に派遣する
620(67才) 聖徳太子と蘇我馬子、天皇記・国記を編纂する
622(69才) 聖徳太子(49才)薨去(2月)
626(73才) 大臣蘇我馬子没(5月)
628(75才) 小墾田宮において崩御〔3月7日〕
(磯長山田陵に葬られる)



 御陵入り口の案内碑の横で、ハイ、ポーズ!



 推古天皇陵 全景 ママとはなちゃんとマグちゃんが小さく写っています



 静かで長閑で牧歌的な雰囲気のところです。



 御陵内側、綺麗に整えられていました。



 私達のルーツはドイツなんだけど、飛鳥時代の「日出(ひいずる)国に想いを馳せるのもいいなぁ」


今回は「小野妹子の墓」と「推古天皇陵」をお散歩しましたが、

次回は家から5分くらいのところにある、墓シリーズ「源氏三代の墓」

鎌倉幕府を開いた源頼朝の先祖にあたる河内源氏発祥に地に 源頼信、頼義、義家、

のお墓がある、壺井・通法寺付近をお散歩したいと思っています。

                           はなパパ





日常 | トラックバック(5) | コメント(6) | page top↑
コメントの編集











秘密にする

トラックバック
トラックバックURL
http://happytogether2.dtiblog.com/tb.php/35-53eba23c
-
管理人の承認後に表示されます 【2010/08/21 08:26】
-
管理人の承認後に表示されます 【2010/08/21 18:54】
-
管理人の承認後に表示されます 【2010/08/23 00:53】
-
管理人の承認後に表示されます 【2010/08/26 05:20】
-
管理人の承認後に表示されます 【2010/08/27 19:44】
| ホーム |