ノーマン・ロックウェルの・・・・
2008 / 02 / 21 ( Thu )
以前から好きだった″ノーマン・ロックウェル?の作品

何か懐かしく、癒される作品が多くあります。

古きアメリカの風景であったり、世相であったり・・・

文化と発展度は違えども少年期が甦ってきます。


 「息子の旅立ち」


特に少年や犬をモチーフにした作品もたくさんあって私は大好きです。



「Best friends」




 「少年と犬 秋」



以前、ネットでノーマン・ロックウェルの財布が通販されていました。

欲しかったけど、実際手にしてどのような物か確かめられないので、

買うところまでいきませんでした。

先日、神戸のとあるモールを散策中にメンズショップ(言い方古い?)で

偶然発見しちゃいました^-^

手にしてみると 「う〜む、なかなかええやないか」

丁度、小銭入れを無くして不自由していたし、

程好い大きさの小銭収納スペース(適当な言い方がわかりません)もあるし、

牛革、外側が落着いたマットブラック、







それになんと言っても内側(カードホルダー)が ノーマン・ロックウェルの

「少年と犬ー秋」のプリントが嬉しくてニヤケてしまうほどいい感じだった。



「Pride of parenthood」 少年の愛犬がたくさんの赤ちゃんを産み、愛おしく、また母犬を誇らしく想う優しい少年、という解説を読んだことがあります。











財布の中身はいつもピーピー状態だけど、自分の気に入った財布を持つのはこの歳になって

初めてのような気がする ^-^


写真家では?ウィリアム・ウェグマン?の愛犬(ワイマラナー)たちを撮った作品が好きで、

写真集やTシャツをたくさん集めたことがありました。

今も大事にしています。


 2008 ウィリアム・ウェグマン カレンダー
日常 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<やってみました ^-^ | ホーム | マグちゃん>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happytogether2.dtiblog.com/tb.php/41-f0c6347e
-
管理人の承認後に表示されます 【2013/12/15 17:16】
| ホーム |