アニーくん やすらかに・・
2009 / 02 / 12 ( Thu )
12月5日 アニーパパさんから久しぶりの電話がありました。

「はなパパさん、アニーが今朝 旅立ちました・・・」



アニーくんのことは 以前このブログでも紹介したことがあります。

おっとりして、優しくて、食いしん坊で、とっても可愛い仔でした。

アニーパパ、ママ、娘さんの なっちゃん達の深い愛に包まれて

とっても幸せに暮らしていました。


でも アニーくんにはとても悲しい過去があり、アニー家のみなさんとの

深い愛情物語がありました。








アニーくんの大きな愛らしい耳の内側には、何桁か数字のタトゥーがありました。

ある大学の研究施設で6年くらい動物生態実験犬として薬漬けにされ狭いゲージで

来る日も来る日も無機質な日々を送っていたそうです。


多くの実験犬は狭いゲージで生涯を終えると聞きます。



社会に貢献するという理由で、この世に生を受けた犬が得ることのできる権利を

理不尽にも奪われてしまうのです。


運よくレスキューされた犬達の話を聞いたことがありますが、殆どの仔が実験による投薬などで


疾患を持ち、感情表現が殆どなく、学習能力も劣り躾も入り難いと聞きました。

そういう仔をアダプトするには、相当の覚悟と、諦めない気持ちと、深い愛情を注ぎ、

例え思うように行かなくても一生共に暮らすという決心がいります。


アニーパパ一家は7年前にその決断をされ、アニーくんを迎えたのです。


私が初めてアニー家のみなさんとお会いした時は6年前です。


アニーくんはパパ、ママ、なっちゃんの深い愛情に包まれて、その愛に
  

応えられるようになっていました。


でも、長年の投薬実験の影響で肝臓機能はかなり悪かったようです。


それからアニー家とギグレースに参加したり、海へ行ったりしました。

 
アニーくんも嬉しそうに尻尾をフリフリしていました。


2007年には胃捻転を起こし6時間にも及ぶ手術を乗り越えて生還を果たし、


最近は肺癌になり闘病していたとのことでした。


つらい過去を乗り越えてアニー家のみなさんと幸せな日々を送っていたアニーくん・・・

 
13才まで頑張っていたアニーくん・・・


みなさんでアニーくんの棺に


「アニー ありがとう」


「アニー うちに来てくれてありがとう」

て書かれたそうです。


アニーくんは今頃「虹の橋」でその手紙を何度も何度も読み返して


「パパ、ママ、なっちゃん 僕の方こそありがとう」って言ってると思います。


アニーくん私からも


「はなちゃんのお友達でいてくれて ありがとう どうかやすらかに・・」




追記


アニーくんの犬種について調べていた時にお友達のハンターママさんから


「クーンハウンドでは」 と教えていただきました。


ハンターママさん ありがとうございました。
日常 | トラックバック(4) | コメント(4) | page top↑
<<Magazine covers | ホーム | お誕生日・・・転勤・・・>>
コメント
----

レスキューされ、愛情に包まれ旅立つ子に私はいつも呟いてしまいます
<幸せだったよね、色んな思いを忘れることは出来ないけども、本当の家族と巡り合って幸せに過ごせたよね>

私が想像も出来ない、恐怖や悲しみを味わってきているけども

本当の家族にめぐり合ったんだものね

その言葉をかけてあげられない子達
最後まで心を開いてくれなかった子達
でも、彼らにただ頭を下げるしか出来ない非力さを感じます

耳の内側の刺青は、私は多くの繁殖犬で見ました
人間のすることは残酷です
一生消えないしるし
品物と扱ったしるし
進歩というものの隠れた犠牲がこの子達です
同じことを人間にした過ちは取り上げるのに、彼らに今も同じことをしています

アニー君
人間を好きになってくれてたのかな?
信用できる相棒と見てくれてたのかな?

アニー家の皆さん
彼は幸せでしたよね…

by: mi-ya * 2009/02/12 19:20 * URL [ 編集] | page top↑
--mi-yaさん--

アニーくんや数多くの仔たちのおかげでみんなの愛する仔達が
元気に過ごせて、安心して病院に行けるのですものね。

アニーくんはアニー家のみなさんの深い深い愛に包まれて幸せな日々を送っていました。

アニーくんが幸せだった何倍も何倍もアニー家のみなさんが幸せだったとおっしゃっていました。
by: はなパパ * 2009/02/12 20:49 * URL [ 編集] | page top↑
--ご冥福をお祈りします。--

アニーくん・・・私も何度か一緒に遊んでもらいました。
私の中ではアニーくんはいつも笑顔の優しい子として記憶されています。
つらい事もあっただろうけれど、幸せだった時間がいっぱいあったから出る笑顔だもんね。
アニーパパ、ママ、なっちゃん、私にもそんな幸せな時間のおすそ分けをしてくれて本当にありがとう。
アニーくんのご冥福お祈りします。
by: ひめママ * 2009/02/13 14:07 * URL [ 編集] | page top↑
--ひめママさん--

アニーくん、逝ってしまいました・・
悲しいです。
ホントいつも笑顔で優しい穏やかな仔でしたね。
ギグレースの大阪大会の時に、アニーパパを追いかけて必死に、飛ぶように走っていた姿を思い出します。
今度「何遊会」で遊ぶ時にはアニーも誘って一緒に遊びましょう
そしてアニーくんやカイラちゃんや、ハッピーちゃんや、シルクちゃんや、ジュンくんのことをみんなで偲んでみましょう。
by: はなパパ * 2009/02/13 16:37 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happytogether2.dtiblog.com/tb.php/54-92803e32
-
管理人の承認後に表示されます 【2010/02/28 19:47】
-
管理人の承認後に表示されます 【2010/06/06 21:06】
-
管理人の承認後に表示されます 【2010/06/11 16:01】
-
管理人の承認後に表示されます 【2010/07/16 06:21】
| ホーム |